会社を経営するには資金が必要|ビジネスローンを利用して調達

担保のことを知ろう

集合住宅

業者を比較する

不動産担保ローンでお金を借りる時にはどれくらいの額を借りることができるでしょうか。これは、どこからお金を借りるかによって異なりますが、普通は、その不動産の評価額を求めて、その額の60パーセントから70パーセントまでは借りることが出来ることになっています。出来るだけ上限いっぱいに借りたい場合には、いくつかの金融機関やノンバンクに申し込みをしてみるのがいいでしょう。比較することで意外と多くのお金を借りることが出来る場合があります。ただし、あまり上限いっぱいに不動産担保ローンを設定すると、もしも担保の価値が下がった場合には追加で担保を要求されることがあります。追加融資のことも考慮しながら無理のない範囲で借りることが大事になります。

必ず借りられるのか

不動産担保ローンは不動産があればその価値の60〜70パーセントで借り入れすることが出来ることはわかりましたが、どの不動産であっても不動産担保ローンで借り入れすることができるでしょうか。この点については、不動産の種類によって借り入れすることができない場合もあります。例えば、共有名義の不動産の場合です。夫婦で共有名義で不動産を所有している場合は、夫婦二人の合意があれば借り入れすることは可能ですが、片方の合意がない場合は借り入れをすることができないか、それとも借り入れすることができても金利が高く設定される場合があります。もう一つのパターンは借地権が付いている建物です。この場合も借り入れは不可ではありませんが、借り入れ額が少ないか、金利が高いなどの負担があります。

Copyright © 2016 会社を経営するには資金が必要|ビジネスローンを利用して調達 All Rights Reserved.